少額の資産で株式を始めるには

紹介情報について
規約情報
管理責任者
株式投資を紹介
ミニ株・単元未満株
NISAについて
株式投資とは
おすすめサイト
株式よりバイナリーオプション?!
最近書いた記事
NISAについて紹介
少額で株式を始める
ミニ株・単元株
株の情報収集方法
株の基礎知識
サービス別カテゴリ
投資紹介

少額の資産で株式を始めるには

ミニ株が単元株の1/10の単位になるといっても株取引には多額の資産が必要になります。 少額で株式を始めるには一体どうすればいいのでしょうか?

ボクの答えは2つ。まず、もっと単位の少なくなる取引を行えばいいのです。

単元株の株数が少なければ少ないほどミニ株での取引に魅力が増してくるというもの。 例えば、株価が1,000円の時に単元株の株数が1,000株だったとすると、通常の単元株取引では1,000(円) x 1,000(株) = 1,000,000(円)になります。 100万円で株を買うのはちょっと微妙ですよね。

これがミニ株だと1/10の株数で取引できます。 つまり、1,000(円) x 100(株) = 100,000(円)となるのです。 10万円にもなれば、100万円に比べたら少額であるために少しは株式取引に手が届くようになったかもしれませんね。

1単元あたりの株数が少なければミニ株取引でもっと少額で取引できるという理由が分かっていただけたかと思います。

株式取引の定石には「安く買って高く売る」というものがあります。 もう1つの方法は、1単元あたりの株数が少ない銘柄を株価の安いときにミニ株で購入することです。 そうすることで、より少額での取引が可能となるのです。

つまり、最初の例で考えると500(円) x 100(株) = 50,000(円)。 1単元あたりの株数が少なく設定されている銘柄を株価の安いときにミニ株取引で購入できれば、少額で株式取引を始めることができるというわけです。