ミニ株・単元株について知っておく

紹介情報について
規約情報
管理責任者
株式投資を紹介
ミニ株・単元未満株
NISAについて
株式投資とは
おすすめサイト
株式よりバイナリーオプション?!
最近書いた記事
NISAについて紹介
少額で株式を始める
ミニ株・単元株
株の情報収集方法
株の基礎知識
サービス別カテゴリ
投資紹介

ミニ株・単元株について知っておく

みなさんはミニ株・単元株について知っていますか? 今回はこの2種類の株の購入方法のメリットについて理解しておきましょう。

まず、単元株の方を先に説明します。 単元株とは企業ごとに異なる一定数の株式を1単元と定めた、いわゆる取引単位株数のことです。 1単元あたりの株数が1000株までにおさまっているために投資金額を抑えることが可能です。

以前は単位株と呼ばれる制度があり、最低でも投資金が5万円必要になる場合があったそうです。 この1単元の株数で投資価格を引き下げることが可能であるため、個人投資家が株取引に参入するための敷居が低くなるメリットがあります。

一方でミニ株は単元株の1/10の単位から株を取引することができるため、投資金に余裕がない方にメリットがありオススメできる取引方法です。

単元株で定められている株数が少なければ少ないほど、ミニ株での購入資金が安くなる仕組みになっています。 ただし、売買単位がそもそも1株になっている銘柄ではミニ株での取引ができないことに注意してください。 該当する銘柄にはNTT系列の会社やJR系列の会社があります。

詳しくは各証券会社の利用約款などで確認すると判断しやすくなっていると思います。 ミニ株と単元株について知っておくことで、状況に応じた株取引が可能になります。